まつ毛をぐんぐん伸ばすサプリ@口コミ人気ランキング

まつ毛 サプリ

まつ毛を伸ばすならサプリがおすすめ

 

貧弱なまつ毛が悩みの種となっているのなら、サプリメントで体の内側からまつ毛の育毛力をアップさせる方法があります。まつ毛を長くするには美容液を塗る方法がありますが、美容液の主成分には緑内障用に開発された薬剤が利用されているので、塗る方に注意が必要です。上手に塗ったとしても薬剤影響で目の周りが一時的に黒ずんでしまうため、敬遠する人も少なくありません。サプリメントなら体の内側から働きかけるので、まつ毛の育毛をしていることに気づかれる心配がありません。毛乳頭細胞を活性化させて、育毛力をアップさせるには大豆由来のオリザポリアミンとという成分が有効です。男性用の育毛剤の主成分として用いられているミノキシジルと同じような効果を持っているので、まつ毛のボリュームをアップして丈夫にする効果が期待出来ます。

 

他にも育毛に効果的な栄養素はいろいろとあります。髪の毛と同様まつ毛もたんぱく質が重要てす。たんぱく質を体内に吸収して質の良い栄養として利用するにはコラーゲンも必要ですし、ミネラル成分のビオチンは血行を促す働きがあるため、白髪予防と育毛促進に効果があります。亜鉛、鉄分、ビタミンB群などは美髪維持に効果があるので、まつ毛にも良い効果が期待出来ます。

 

まつ毛用のサプリメントは通販を中心に複数が販売されています。主成分はほぼ同じことから、まつ毛を育てるのに有効な成分についてはメーカーの考え方は同じと言えます。サプリメントは短期間で効果を得られるものではありません。毛周期に合わせて1か月から3か月は飲み続けることで結果があらわれます。髪の毛と違ってまつ毛は延々と伸び続けることはないので、ちょうどいい加減で生育は止まりますが、長さ、太さ、量ともに改善する効果が期待出来ます。

 

まつ毛の毛周期とは

 

脱毛をする際は毛周期が大切なポイントとなりますが、育毛剤や美容液を利用するにあたっても、知っているといないとでは効果に大きな差があります。体毛にはそれぞれに毛周期があって、再生を繰り返しています。一度にたくさん抜け落ちるわけではなく、見た目に支障がない程度に数本ずつ抜けているので、この部分が抜けた、とはっきりと分かることはありません。まつ毛にも毛周期はあり毎日数本ずつ生え変わっています。頭皮の毛周期は3年から6年と言われていますが、まつ毛の場合30日から100日と言われています。

 

まつ毛は生え始めてから抜けるまで4つ段階があります。まつ毛が生え変わる第一段階は成長初期といい、皮膚の中でまつ毛が成長を始めている状態です。目視は出来ませんがこの時期の毛は細くて柔らかい状態です。次の段階は成長期で、皮膚の表面に毛が見え始めます。栄養状態が良ければ太く、コシがありますが、伸びている段階なので長さは短いです。成長期に入ってグングン伸びた後、成長が止まって退行期に移ります。太さも長さも落ち着いて、最も状態の良いまつ毛がこの時期です。しばらくすると休止期になります。まつ毛の寿命が尽きて抜け落ちます。

 

毛根では次のまつ毛が成長する準備をしています。例えばエクステの施術をした人で、すぐに抜けてしまったというトラブルを報告している場合、休止期に入っているまつ毛につけたエクステである可能性があります。生えているまつ毛が一斉に休止期に入ることはないので、施術したエクステすべてが抜けることはありません。毛周期の影響によって抜けやすい時期があると知っていれば、数本抜けても慌てずにに対処出来るでしょう。

 

まつ毛を伸ばすための切り方ある?

 

すべての体毛にはサイクルがあり、一度は得たものが一生はえ続けていることはありません。部位によってサイクルには違いがありますが、一定サイクルで生え変わっています。頭皮は延々と長く伸ばせますが、毎日少しずつ生え変わっています。まつ毛は長さに限度があり、頭皮に比べると短いサイクルで生え変わっています。個人差があり1か月から3か月程度がまつ毛の生え変わるサイクルです。短い、細い、少ないなどの悩みを持っている人も同様に生え変わっています。

 

健康体なら抜けてもまた生えてくるので心配することはありませんが、太く長いまつ毛にするためには切るのが良いという情報があります。科学的な根拠が実証されていないので、伸ばすための正しい切り方を探しても徒労に終わるだけです。例えば毛先は毛根に比べて細くなっているので、切ると先端がまっすぐになって太くなったような気になりますが、短くなるだけでビューラーやマスカラが使いにくくなります。

 

まつ毛を太く長くするには、正しい切り方を探すよりまつ毛の毛母細胞の育毛力を活性化させるほうが確実です。毛には必ず毛根があって、育毛をつかさどってる毛母細胞があります。毛母細胞に十分な栄養が届いていなければ、まつ毛を育てることは出来ません。栄養は血液が運ぶので血行促進をすることが必要です。目元を温めたり、ストレッチをするのが効果的で、たんぱく質やミネラルの豊富な食事をこころがけるのも良いでしょう。細胞の活性化には体の内側から環境を改善することが大切ですが、同時に毛根に栄養を直接送ることも効果があります。まつ毛美容液には、毛根の育毛力を活性化させる成分が配合されていて、1日に1回塗布するだけで太く長いまつ毛に成長させる効果があります。

 

 

まつ毛が上がらない原因

 

まつ毛は上向きでカールしていると、目がぱっちりと見えますしマスカラの効果もアップします。普段は直毛でもビューラーを使えばカールさせることが出来るのですが、どうしても上がらない人もいます。いくつか原因が考えられるので参照すると上がらない理由がはっきりとして対策もしやすいです。まつ毛が上がらない原因としてもっとも多いのは短い、もしくは毛が細くて少ない場合です。ビューラーでカールさせるにはまつ毛を挟む必要があるので、ビューラーでつかめなけければ上がらないです。美容液でまつ毛を育てると改善出来ますが時間がかかります。急ぐ場合にはマスカラかつけまつげで対処出来ます。

 

まつ毛が濃くて長いのに上がらないのは、洗顔直後で濡れているのが原因です。また湿度の高い日もまつ毛の濃い人は上がりにくくなります。風を当ててよく乾かしてから、ビューラーを使うときれいなカールが作れます。まつ毛の長さに関係なく上がらない原因として傷みがあります。アイメイクの落とし方が不完全だったり、ビューラーを使う時に力を入れずるとまつ毛も傷みます。パーマやマツエクも傷む原因なので、メイク落としは入念に行って、専用の美容液を使用してケアをすることも大切です。

 

意外なところでは、使い慣れたビューラーで上がらない場合は、まつ毛を挟む部分のゴムか磨滅している可能性かあります。新品の場合には、目のカーブとビューラーのカーブが合っていないかもしれません。ビューラーは製品によって、カーブの角度や幅が異なっています。試しに使えるのなら、必ず目のサイズと合うかどうかの確認をするとよいでしょう。サイズが合わないものを無理に使い続けても、まつ毛を傷める可能性が高いです。

 

まつ毛が薄い人向けのマツエクとは

 

マツエクは自分のまつ毛に人工的にエクステンションする方法です。サロンによっていろいろな方法が用いられていますが、たいていは1本の地まつ毛にエクステを数本つけて、ボリュームや長さをデザインします。エクステを受ける人は多かれ少なかれ、自分のまつ毛に不満があって、薄い、短い、まばらなどで悩んでいます。ただまつ毛エクステはどのようなまつ毛の人にでも施術出来るものではありません。特に薄い人の場合、もともとのまつ毛の本数が少なく短いため、エクステをしっかりと固定出来ません。強引につけても日持ちが悪いですし、地毛に必要以上のダメージが加わるため傷んでしまう可能性があり、薄いまつ毛がさらに貧弱になるリスクが高いです。

 

エクステをしても安全なまつ毛とは、多少短くても本数が少なめでも健康的な地毛をしていることが基本です。まつ毛の長さがある程度一定を保っていて、毛根からしっかりと生えていればエクステを受けられます。まつ毛が薄いけどどうしても試してみたいというのなら、1本のまつ毛に対して1本のエクステをしてもらえば傷みが少なくて済みます。ただ無理をしていることに変わりはないので傷むリスクは回避出来ません。

 

迷っているのなら、まずはエクステの施術を行っている美容皮膚科・外科などで相談するとよいでしょう。施設によっては、サプリメントや美容液を用意して育毛相談も行っています。まつ毛が育つまで待てない、緊急でボリュームアップが必要な場合には、つけまつげやボリュームマスカラで対処するとよいでしょう。薄いまつ毛の人は、エクステで一時的にボリュームアップさせるよりも美容液などで育毛したほうが効果的と言えます。